金銭管理・福祉サービスの利用援助

日常生活自立支援事業サンプル

日常生活自立支援事業サンプル

認知症や障害などで判断能力が十分でない方の生活を守り、地域で自立した生活が送れるように、日常的な金銭管理や福祉サービスの利用援助を行います。詳しくは、日常生活自立支援事業のリーフレットをご覧ください。


対象認知症や障害により、自分ひとりだけでは金銭や書類の管理に不安のある方
利用料福祉サービス利用援助、日常の金銭管理…1回1200円(生活保護受給者は無料)、書類等の預りサービス…年間3000円
貸出期間
手続き社会福祉協議会の窓口にご連絡下さい。専門員が自宅や施設・病院を訪問して詳細を伺います。

関連タグ:相談