くらしのお手伝い

車いすの貸出

貸出可能な車いす例

貸出可能な車いす例

一時的に車いすの利用が必要な方に短期間、車いすをお貸しします。


対象町内にお住まいで、一時的に車いすを必要とする方
利用料無料(ただし、保証金として1000円必要。車いす返却時に保証金は返金)
貸出期間原則として、15日以内です。更新すれば、条件付で最大2ヶ月まで延長が可能です。
手続き社会福祉協議会の窓口にお越し下さい。なお、利用予約は電話でも受付けています。

スロープ付き自動車の貸出

貸出可能なスロープつき車両例

貸出可能なスロープつき車両例

車いすに乗ったまま、乗降できるスロープ付きの車をお貸しします。


対象町内にお住まいで、日常生活で車いすを利用する高齢者や障害者、およびその家族やボランティアなどの介助者
利用料無料 (ただし、消費した燃料を補充して返却をしてください。)
貸出期間3日以内
※貸出目的で宿泊が必要と認められる場合以外は、原則的に日をまたぐ連続使用はできません。
手続き運転者の運転免許証を持って社会福祉協議会の窓口にお越し下さい。なお、利用予約は電話でも受付けています。

配食サービス

配食サービス例

配食サービス例

調理や買い物が困難なお宅に、ボランティアが昼食のお弁当をお届けします。


対象食事の調理や外出が困難な65歳以上の高齢者世帯・障害者世帯の方
利用料おかずのみ…1食330円/ご飯つき…1食430円/お届けするのは、月曜日から金曜日の昼食です(祝日は除く)
貸出期間
手続きご利用の際には、さまざまな条件があります。詳細は窓口までお問い合わせ下さい。

移送サービス

移送サービスの様子

移送サービスの様子

ひとりでは外出困難な方の病院への移送をボランティアがお手伝いします。


対象一般の公共交通機関を利用して通院が困難な高齢者世帯・障害者世帯の方(病院内の移動はご本人でできることが条件です)
利用料無料。ただし、移送サービス保険(年間880円)の加入が必要です。
貸出期間
手続きご利用の際には、所得などのさまざまな要件があります。詳細は窓口までお問い合わせ下さい。

福祉サービス等の利用援助(日常生活自立支援事業)

日常生活自立支援事業サンプル

日常生活自立支援事業サンプル

認知症や障害などで判断能力が十分でない方の生活を守り、地域で自立した生活が送れるように、日常的な金銭管理や福祉サービスの利用援助を行います。


対象認知症や障害により、自分ひとりだけでは金銭や書類の管理に不安のある方
利用料福祉サービス利用援助、日常の金銭管理…1回1200円(生活保護受給者は無料)、書類等の預りサービス…年間3000円
貸出期間
手続き社会福祉協議会の窓口にご連絡下さい。専門員が自宅や施設・病院を訪問して詳細を伺います。

生活資金等の貸付

世帯の経済的な自立を図り、安定した生活ができるよう資金をお貸しします。


対象低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯
利用料
貸出期間
手続き貸付条件、貸付金額にはさまざま条件があります。詳細は窓口までお問い合わせください。